こんにちは。
谷津です。

突然ですがみなさん、
良い出会いをしてますか?

秋と言えば出会いのシーズン!

僕は毎月新しい人10人に出会う事をミッションにして
数々の出会いの場に足を運んでいます。

自宅と職場の往復だけでは新たな出会いが生まれ難いので、
積極的に平日の夜に開催されている勉強会や交流会などのイベントや
友人が主催するイベントに積極的に参加することで、
着々と人脈を広げています。

どうやってイベントを探してるのか?という質問をよく受けるので
今回は繋がりを増やすための僕なりの方法をシェアしたいと思います!

勉強会

きっかけはイベント情報サイトから

それでは、イベント探しからイベント後の流れを一挙に紹介します!

【手順1】イベントを探す!

イベントを探すには、勉強会や交流会などのイベント情報サイトを活用します。
自分の業種や職種、興味のある分野で開催されている会がないかを絞り込みます。

例えば、このようなサイトを利用しています。

IT勉強会カレンダー

ビジネス+IT

イベントカレンダー+ログ

東京商工会議所イベント

【手順2】応募する

最初は勇気が必要!

ポチッと参加ボタンをクリックするだけで、世界が広がります。

【手順3】道順を調べる

前日までに会場までの道のりをチェック!

平日は仕事が終わったあとに行くことになりますから、
事前に道順を調べておくことは重要です。
GoogleMapのストリートビューを使って建物を写真で抑えておくといいでしょう。

【手順4】事前準備をする

当日までに、名刺交換をした際に自社のことや自分のことをPRする内容を30秒以内にまとめ、
さらに、鏡の前で100万ドルの笑顔の練習をしましょう。

人見知りな性格の人は、話ができる人間の役を演じると良いでしょう。
映画やドラマなどで憧れる人になりきりましょう!

【手順5】話す人を選ぶ

会場到着後、交流タイムになった際に一番最初に話しかけたいターゲットをリサーチ。

イベントによっては数多くの人が集まります。
すべての人に名刺交換するには時間が足りなくなる場合があるので、
どんな人と名刺交換したいのか、話をしたいのか絞り込んでおくといいでしょう。

【手順6】積極的にアピール

勉強会中、ターゲットに対して熱い視線を送り続けましょう。

早く仲良くなるには、どんなときも猛烈にアピールすることが大切です。

【手順7】ターゲットをロックオン!

勉強会終了後、交流タイムに移るタイミングでターゲットの側にさりげなく移動しておきましょう。

輝いている人には、多くの人が集まります。
いち早く目的の人と名刺交換できるように、素早く行動しましょう。

【手順8】笑顔で話しかける。

交流タイム開始、事前に用意していた30秒自己PRと
練習してきた100万ドルの笑顔でターゲットに話かけましょう。

やっぱり、笑顔が大事です。

【手順9】おもいっきり話をする

相手のビジネス領域や会社概要、興味のあることを聞き、
自分の知っている情報で相手が喜びそうな事がないか
脳みそを高速回転して創造し、話をするようにしましょう。

悔いが残らないように、思ったことを簡潔に。
ただ、相手の話もよく聞くことを忘れないようにしましょう。
話しすぎる人は、嫌厭されることも。

【手順10】アフターフォローも大切に

交流タイム終了後、出会った人全てに感謝の手紙を書き
一緒に仕事をする機会を自ら創り出しましょう。

イベントが終わったら終わりではありません。
家に帰ったあとや、翌日出社したあとは、必ずメールやfacebookのフォローを
忘れないようにして下さい。
そこから、一生、付き合える仲間ができるかもしれません。

勉強会2

勇気を出して参加しよう!

誰でも最初は一人ぼっちでイベントに参加することに恐怖を感じると思いますが
ほんの一瞬、ポチッと応募してしまうそれだけで、
人脈だけでなく、仕事の幅も一気に広がります。

それでも、勇気が出ない、、、、と言う方は
谷津と一緒にいく勉強会ツアーにお申し込み下さい。

僕が参加している複数のイベントにお誘い致します!

下記の問い合わせフォームまで、お気軽にご連絡下さい。
http://www.bono.co.jp/contact

ではまた!