TopImage3

会社概要

設立:2008年7月10日(創業1998年)
所在地:〒112-0014 東京都文京区関口1-29-6,1F [地図]
代表者:代表取締役 横山貴敏
資本金:5000000円
事業内容:■新商品・新規事業の開発支援
・地域ビジネス創造支援
・ワークショップなどを活用した新商品の開発
・イベントなどの企画・開催
・研究開発や広報の支援
・公共事業における事業企画提案
・新規事業開発に必要なクライアントの開拓
■地域支援(まちづくり支援)
・社会課題に挑戦する人材育成プログラム「SocialChallenger」
・若者による地域交流プログラム「まち冒険」
・移住者募集、スタートアップ支援
・販路開拓・メニューづくり研修プログラム
・空間資源の調査・活用支援
・地域スタートアップ支援
■システム開発
・システムの企画・開発
・RFPの作成
■デザイン制作
・ホームページ、パンフレットなどの制作
・企業ブランディング(CI、VI、ロゴ作成)
・商品パッケージなどのプロダクトデザイン
・キャラクターなどの企画・作成
■人材紹介・採用支援・SES
・人材紹介
・システムエンジニア支援
・医療従事者の採用支援
■自社事業
・シェアキッチン、レンタルスペース「我楽田工房」の運営
・コワーキングスペース「我楽田長屋」の運営
・市民大学「東京山の上大学」プロデュース

コーポレート・メッセージ

いまを面白く みらいをつくる

コーポレートメッセージは「ボノらしさ」を象徴する言葉です。
 「今の時代を面白く全力で生きること」
 「未来に必要な価値を生み出すこと」
この2つの信念を広く社会に宣言するメッセージとして掲げています。

ボノ株式会社は、
時代の変化にあわせた新たな人と人をつなぐ「仕組み」をデザインすることで
未来の「まちづくり」に必要な価値を創造する会社です。

ミッション

百年後も愛される、おもしろき価値をつくろう

 百年というと気が遠くなる未来を想像するかもしれませんが、
 子供を持つ親にとっては孫の時代であり、実は身近な未来です。
 数年の流行で消え去るモノやサービスではなく、
 百年後の子供たちにも愛される
 ”今”の社会を面白くする価値をつくります。

 

ビジョン

  1. 【多様性】 人々が優しくつながる場をつくる
  2. 【挑戦】 誰もが挑戦できる環境をつくる
  3. 【革新】 想像を超える驚きの価値をつくる

 

 

シンボルマーク

bonomark

真逆を突く

ボノのシンボルマークは、頭が右向きの「魚」がベースとなっています。

魚の絵を画用紙に描いたとき、左向きの魚の絵を描く人が多いと言われています。理由は諸説あるようですが、西洋で初めて出版された「魚の図鑑」が左向きの魚を掲載していたため、以降、人間の潜在意識として左向きに描いてしまうようになったという話が有名です。

ボノが掲げる『右頭魚』は、多くの人とは違う「発想力」を表しており、
飛び跳ねる姿は、右肩上がりに登っていく「行動力」をイメージしています。