こんにちは、谷津です。

今日は、すぐにでもカタチにしたい事業の話を書きます。

ディベート

ディベートって知っていますか?

 
皆さん、ディベートって知っていますか?

最近、テレビや雑誌などでも取り上げられているので、
なんとなく知っている人もいると思います。

Wikipediaで調べてみると、

ディベート(debate)とは、ある公的な主題について異なる立場に分かれ議論することをいう(広義のディベート)。討論(会)とも呼ばれている。

とあります。

議論の場というと国会の予算会議などを思い浮かべますが、
勝ち負けを決める討論会なので、大会もありました。

例えば、こんなテーマで討論します。

『秋葉原のヲタク文化を世界に輸出することに賛成か反対か』

といったゆるいものから、

『日本がTPPに参加することに賛成か反対か』

こないだの選挙の焦点にもなった、自由な多国間の経済連携協定のことですね。

ディベートの面白いところは、自分の思想にかかわらず、
当日、くじ引きのようなもので賛成派か反対派が決められ、
相手方と討論することもあります。

ディベートを競技として考えるならば、
自分の主義主張を勝ち取りたいというものではなく、
討論の技術の優劣を競うものとなります。

球場

夏といえば・・・甲子園!! ディベートにもあるんです!

 
ディベートを調べていくと、
僕のハートを熱くさせるものを見つけてしまいました。

ディベート甲子園

甲子園ですよ、あの甲子園!!

ちなみに、
野球の場合は甲子園に出場した学生を甲子園球児と呼びますが
ディベートの場合はなんて呼ぶのでしょうか?

甲ディベ児??

はい、すみません。。。

虎

ボノにはディベートの猛者がいる

 
ボノにはなんと、
大学時代にディベートで鍛えぬいた猛者がいます。
ディベートについての知識や見解は圧倒的です。

普段は周囲からいじられるキャラとして愛されている彼ですが、

彼が「ディベート」の話をする時の彼はひと味違います。
水を得た魚のように跳ねます。
ぴょんぴょん跳ねます。

ある日、彼とディベートについて熱く語り合ったとき、
新しくカタチにしたい事業を思いつきました。

ディベートを語る

ライバル企業による、ディベート大会の開催!!

 
ライバル企業同士が、ディベートで戦ったら、
果たしてどうなるのか!?

———————————————————–

『ジョブスの申し子、Apple

     VS

『天才の宝箱、Google

———————————————————–

『世界王者、トヨタ自動車

     VS

『技術の日産自動車

———————————————————–

『Inspire the Next 日立製作所

     VS

『Leading Innovation 東芝

———————————————————–

『美味しさを笑顔に、キリンビール

     VS

『その感動をわかちあう、アサヒビール

———————————————————–

『安い早い旨い吉野家

     VS

ゼンショー(すき家)』

———————————————————–

『世界に喜びと驚きをDeNA

     VS

『世界をよりよくするGree

———————————————————–

コレを見て、ワクワクしませんか?

企業と企業の看板を掛けて、一つのテーマを議論する!

大きな組織、しかもライバルを一同に集めるのは苦労しそうですが、
多くの人が見てみたい、刺激的なショーが繰り広げられるの
ではないでしょうか。

ディベートは、
複数の異なる立場の意見をまとめていく必要がある人にとっては
良いトレーニングになると思っています。

まだまだ素案の段階ですが、
今後、新人と一緒に
どうしたら開催できるのか考えて行きたいと思います!

Apple

ディベート組織のまとめ

 
最後に、
ディベートに関する組織をメモしておきます。
もし気になる方がいましたら、参考にしてください

日本ディベート協会

日本社会人ディベート連盟

全国教室ディベート連盟

特定非営利活動法人 全日本ディベート連盟