壁にぶつかったら登って楽しむタイプの横山です。

先週、一足先に夏を満喫できる「沖縄」に行ってきました。

沖縄

沖縄の夏といえば海ですが、
今回のレポートでは沖縄の古い家や
その土地で生まれる様々なカタチを紹介しようと思います。

沖縄で古民家を探そう!

沖縄の家といえば鉄筋コンクリートの建物を
思い浮かべる人が多いかと思いますが、
実際、道を歩いてもほとんどがコンクリートの家ばかりです。

理由は明確で、沖縄は台風の通り道であることから、
昔ながらの赤瓦の木の家を維持するのは非常に大変です。

沖縄に住んでいる町のお爺ちゃんに台風の話を聞いてみたところ、
昔、宮古島で最大瞬間風速で最大85.3m/sになったこともあったようです。

【参考】国内最大瞬間風速(昭和41年9月5日)/宮古島
http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0905.htm

IMG_2409

■ 国際通りからすぐの古民家カフェ『茶ぁーやー』

那覇空港に到着後、すぐに向かったのが古民家カフェ「茶ぁーやー」さんです。
国際通りから路地に入ったところにあります。

茶ぁーやー

IMG_2133 IMG_2156

昨年6月、沖縄古民家の佇まいをそのままのカフェに
改装してオープンしたそうです。

築60年。

IMG_2135 IMG_2155

昼間は小さな庭を見ながらお茶ができます。

IMG_2154

さり気なく、元の家主が天皇陛下から授与された勲章が飾ってあります。
内閣総理大臣「田中角栄」の署名も貴重です。

IMG_2149 IMG_2150

不思議な空間で飲む珈琲はとても美味しく、
また、特製ゴーヤの甘粕漬けは最高でした!

■ 古民家カフェ『茶ぁーやー』

建築:築60年ぐらい
場所:〒9020067 沖縄県那覇市安里2-6-6
営業:11:30 – 21:00(木曜定休日)
HP:https://www.facebook.com/CafeChaaya

おきなわワールドにある『旧上里家住宅主屋』

沖縄の歴史・文化・自然を体験できる施設「おきなわワールド」には
数多くの有形文化財に登録された古民家が移設されています。

IMG_2219

写真は昭和9年頃に立てられた『旧上里家住宅主屋』。

沖縄の伝統的な住居の構成となっているようで、
現在は休憩スペースとして開放されています。

IMG_2221 IMG_2222

■ 上里(うえざと)家住宅主屋

建築:昭和9年
場所:おきなわワールド
営業:9:00 – 6:00(年中無休)
HP:http://www.gyokusendo.co.jp/

■ 久米島の海が見渡せる丘に建つ『上江洲家』

今回の沖縄の最大の目的であった『上江洲家』にやってきました!

IMG_2336

沖縄最古の古民家で、なんと今年で260年。

屋敷の周囲はサンゴで出来た美しい石垣に囲まれ、
家屋は沖縄独特の赤瓦の屋根が残る国指定重要文化財です。

IMG_2340 IMG_2355

家主は代々地頭を勤めた琉球王朝時代の旧家で、
具志川城主の末裔になるそうです。

IMG_2366 IMG_2367

上江洲家は風水に基づいて建てられてるため、
沖縄ではスタンダードなシーサーがいません。
とても不思議です。

IMG_2362

この家に住んでいたおばあちゃんによると、
写真の奥に見える大きな門が男用で、
手前の鉄柵があるのが女性用の門であるとのこと。

昔は、男女で出入口も決められていたようです。

IMG_2342 IMG_2348

女性用の門から入ると米蔵や台所に通じています。

■ 上江洲家

建築:1754年
場所:沖縄県島尻郡久米島町西銘816
営業:9:00 – 18:00
HP:http://www.churashima.net/shima/kume/l_02/

■ 赤瓦と景観について

久米島ではレンタカーを借りて回りましたが、
島をゆっくり走ると、数は少ないものの、
木の家はまだ少し残っていました。

IMG_2351

沖縄に住む方の話によると、
最近、沖縄伝統の赤瓦が見直されているようで、
自治体によっては景観を取り戻すため、
助成金を出して復活させようとする動きもあるようです。

■那覇市景観計画について
http://www.city.naha.okinawa.jp/kakuka/tokei/keikangyousei.html

現時点では歴史的景観形成に寄与する場所に特定されているようですが、
エメラルドグリーンの海に囲まれた赤瓦の美しい街並み、
見てみたいですね。

次のレポートでは、
沖縄で出会ったクリエイターの作品について
紹介したいと思います。

ではでは!

IMG_2594