こんにちは、谷津です。

実は4月から8年ぶりに大学に通い始めました。
その名も『丸ノ内朝大学』。
朝の7時15分から授業が始まる大学です。

■東京も「地域」の一つ。変えていくには今しかない!

最近、仕事で近畿や北信越地域に行く事が増えてきましたが、
東京も地域の一つ。

東京は首都として日本の中心の機能を果たしてはいますが、
地域と地域のつながり、人と人とのつながりが希薄だということを東京に住んでいる身として実感しています。

「地域活性化を考える上で、自分が住んでいる東京のことも考えなくてはならないのではないか?」

そういった疑問が僕の中で出てきました。

「腐る経済」や、「里山資本主義」を読んでその考えはより強くなるばかり。

2020年には東京オリンピックが開催されるということが決まった今、

「東京を変えるのは今しかない!」

そう決心しました。

そして丁度そのタイミングで、運良く僕は「丸の内朝大学」を知りました。

■丸ノ内朝大学とは?

丸の内朝大学とは、ビジネスパーソンのための大学で、
新卒のフレッシュマンも定年間近の役員さんも同じ目線に立って、
共に考え、共に社会に対する提案をします。

丸の内朝大学Webサイトより

“早起きした仲間が集って
学びたかったことをともに学び、
考えたかたったことをともに考えると、
そこには思った以上のエネルギーが生まれます。
今、そのエネルギーは丸ノ内を、
地域を、世界を動かしはじめています。”

このキャッチフレーズに僕は震えました。

「ここだったら東京を変えることが出来る!」

そうして僕は丸の内朝大学に行くことを決めました。

■これから丸の内朝大学での活動をレポートしていきます!

僕が学んでいる講座は
「ソーシャルクリエイティブクラス〜2020年の東京をつくる〜」。

東京地域の課題を解決するアイディアを考える機会は
とても貴重な体験になります。

僕らの行動が東京の過去と現在と未来を繋ぐきっかけになる。
そう思うとワクワクが止まりません。

このブログを通して、どんな活動をして、どんなものが生まれたのかをレポートしていきます。
ではでは。

アイデア