はい〜っ!谷津です。

11月20日、空き家プロジェクト「nanoda」とコラボして、
「東京・我楽田工房でも塩尻ワインなのだ!」を開催しました。

コラボしたきっかけ

今回コラボした理由は、10月に僕らが「nanoda」に突撃訪問をしたことがきっかけでした。

※その時の様子
長野県塩尻の食卓と繋がりたい!空き家プロジェクト「nanoda」に行ってきました

長野県塩尻市の「nanoda」と東京の我楽田工房を繋いで、塩尻ワインを同時乾杯しよう!ということになったのですが、
その後、東京と塩尻だけではなく、もっとたくさん繋がった方が楽しい!
ということで、なんと全国とskypeで繋げてワインを飲む事になりました。

繋がる先は、東京、長野(塩尻)、名古屋、岐阜、三重、徳島!

さて、全国6拠点を繋いでの「塩尻ワインなのだ」開催です!

「東京・我楽田工房でも塩尻ワインなのだ!」スタート!

19時になり、参加者が続々と到着。
会は集まった人たちからゆるゆると始まりました。

その中で僕は全国の拠点とskypeで繋がる作業に没頭。。。
(30分以上もskype実験に時間を費やしてました。。すいません。)

ボジョレーヌーボー解禁日に国内のワインを生産地と繋がって飲めることに、
参加者の方々も興奮を隠せない様子でした。

19時45分。
ついにその瞬間が訪れます!

全国5拠点を繋いで同時乾杯!
(6拠点を繋いで乾杯するつもりだったのですが、電波の関係で5拠点となりました・・・次回こそは!)

全国5拠点がそれぞれ塩尻ワインを飲んで盛り上がっている姿がパソコン画面越しに伝わってきて、
距離が離れていても同じものを同じ時間に食べて、共通の会話ができるという未来のコミュニケ−ションのあり方が垣間見えた瞬間でもありました。

そして、今回のメインである塩尻ワイン、どれも独自の特徴を持っていて本当に美味しかったです。
参加者の方々も満足して頂けたようで、会が終わる頃には今回用意した塩尻ワインはほとんど無くなっていました。

全国6拠点乾杯に挑戦した「東京・我楽田工房でもワインなのだ!」は大盛況のうちに幕を閉じました。

終わりに

会の終了後、参加者はもちろん、skypeで繋がった地域の方々からも
この取り組みの可能性を感じたと多くの連絡を頂けましたので、
これからも定期的に日本全国を繋いでいきたいと思っています。

次は何にしようかな〜!
お楽しみに!